previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider
No Image

インテリアの3D壁紙(54枚):立体的な効果を持つキッチン、リビングルームまたはベッドルーム

12.05.2018 0

多くの場合、人々は自分の周りを変える傾向があります。これは美容修復のための素晴らしい機会です。この場合、部屋を変えることができる新しい材料に注意を払う必要があります。インテリアの3D壁紙 - 仕上げコーティングはどんな部屋でも独特でユニークなインテリアを作り出すので、これは最高のソリューションの1つです。 3D効果の壁紙は、リビングルーム、ベッドルーム、または台所に最適です。 異なる部屋の壁に3D壁紙を使用すると、祭りの雰囲気、快適さ、または味わいを提供する珍しいインテリアを作成できます。三次元画像は、部屋の内部の居間、寝室または台所の壁から画像がはみ出して見えるように、部屋の容積の効果を形成することを可能にする。壁紙デザイン3dは、床、天井、家具、カーテンと同じスタイルで行われます。この場合、容積パターンのコーティングは、壁だけでなく、ドア、天井、キャビネットのドアまたは装飾的な石膏ボードのパーティションに接着することもできます。 3D壁紙の特徴 3D効果の壁紙は壁の容積測定ワイド画像を表します。彼らの主な特徴は、あなたが画像の次元性の効果を生み出すことができるという事実にあります。壁の平面から直接空間の空間に移動するように見えます。 3次元の壁紙を作成するための基礎は、写真の壁紙を作成する技術です。まず、パターンのコンピュータシミュレーションが実行される。特別なプログラムで色を選択して印刷します。ワイドフォーマット印刷は、不織布、ビニールまたは紙などの様々なタイプのロールベースで製造される。このような壁紙は、リビングルーム、ベッドルーム、キッチン、その他の部屋の壁に使用できます。 3Dエフェクトを使用して次の種類の壁紙を選択できます。 単一のもの - これは独立した装飾的な絵や断片で、パーティション、壁面に貼り付けられ、時にはフレームに適用されます。 パノラマの絵画は、その大きなサイズによって区別されます。 3D効果を持つパノラマの壁紙は、通常、部屋のいくつかの壁にすぐに配置され、現実的なシーンを作成することができます。 塗料層の組成物に3d効果を有する蛍光性の壁紙は、暗闇の中で部屋の壁の輝きを提供する特別な物質を含む。 リビングルーム、ベッドルームまたはキッチンの壁のLEDライトは、照明と組み合わせて使用​​されます。このような3D効果の壁紙は最も高価で、実行するのも難しいです。 インテリアでの使用の特徴 壁のボリューム壁紙は、ほぼすべてのインテリアで使用できます。 3D効果の壁紙は、保育園を含むリビングルーム、ベッドルームまたはキッチンのスタイルに完全にフィットします。大きな画像を持つ壁紙は、部屋の壁全体を飾ることができます。また、壁の特定の部分や部分を装飾するために、ボリュームのある図面を使用することもできます。たとえば、キッチンで3Dエフェクト付きの壁紙を使用する場合は、上の棚と作業台所エリアのテーブルとの間の壁の3次元図面を選択できます。 部屋が小さい場合は、壁のような壁紙を使用すると、既存の空間を視覚的に拡張することができます。この場合、広々としたリビングルームまたはベッドルームをいくつかのゾーンに分けることができます。 リビングルーム、キッチン、または寝室の3D効果の壁紙には、よく見えます。部屋で使用されるシェードや一般的なスタイルに合わせて選択する必要があります。 壁紙の3D画像は直接表示する必要がありますが、不必要に押すと明るい色の使用や、既存のインテリアに完全に収まらない画像のため、同様の効果を提供する必要があるわけではありません。 ハイテクまたはモダンの場合は、抽象的な図面の壁紙が最適です。壁の古典的なスタイルでは、パノラマ画像を使用する方が良いです。この場合、あなたの図と一緒にパノラマの壁紙は、選択されたスタイルを満たす必要があります。 木製のパネルとモールディングと完全に組み合わせられた3D効果の壁紙。 インテリアのための興味深いアイデア [...]