ゴールドカラーのベッドルームインテリア:特徴を組み合わせる(写真32枚)

金色のベッドルーム。彼女は何が好きですか?絶妙な、豪華な、暖かい、面白い。この色のインテリアでは、光だけでなく、荘厳さを与えるだけでなく、部屋の誰もが貴族、富を照らす。しかし、金色の色調のベッドルームの所有者のすべてが、自分が望むものを正確に取得するわけではありません。あなたがそれをやりすぎると、部屋の空想的で明るすぎるインテリアが得られる可能性が高いからです。不愉快な出来事を防ぎ、寝室の外観を得るためには、色を組み合わせ、部屋の中で居心地の良い明るい雰囲気を作り、興味深いアイデアを見つけることが重要です。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

カラーアプローチ

インテリアのゴールデンカラーは優しく、明るくてキャッチーで、ダークで美味しくて、コントラストを強調する別の基本色を薄くすることができます。あなたが欲しい寝室の雰囲気の種類に応じて、あなたは金と色の異なる組み合わせを選択する必要があります。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

優しく、居心地が良く、癒しと暖かい。贅沢な色の部分をメインのパステルクリーム、白、ライトグレーまたはソフトブラウンと混ぜると、これは金色のベッドルームになります。このパレットは黄金色の圧力を滑らかにし、ベッドルームの新鮮さ、明るさを与え、視覚的にスペースを広げます。

ゴールデンベッドルーム

あなたは金色でこれらの色を薄くすると、黒と濃い茶色が寝室の内部に理想的に収まります。有益なものは、最小の内包物、個々の詳細(例えば、暗い壁紙の黄金色のストライプや豊富な色の家具要素をカバーする)のように見えます。

しかし、インテリアの各トーンのシェアを計算することは価値があり、濃い色合いと金色は平等にはよく見えません。このような組み合わせの部屋では、光がほとんどないため、人工照明の豊富な世話をする必要があることに注意してください。

ゴールデンベッドルーム

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

グレーブルー、ブルー、パープルのトーンと金の組み合わせは、両方の色の色合いをうまく選ぶことができれば好都合です。最初のものは、黄金色(明るくて暗いはずがありません)のトーンとは対照的に、寒さを選択して新鮮さを作り出すことが重要です。このデュエットは古代のアーティストに賞賛され、デザイナーはこれを最も成功したものと考えています。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

ブルゴーニュ、スカーレット、クリムゾン - 金と組み合わせたこれらの色合いは、荘厳さ、贅沢さ、拘束力、官能性の両方を生み出します。理想的には、このようなパレットでは、ベルベットコーティング、艶消しテクスチャ、高密度ファブリックを使用します。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

ゴールドカラーの壁紙

もちろん、寝室の内部にゴールデントーンを使用するのは簡単ではありません。なぜなら、比率と互換性を遵守しないと、過度の不器用さと味の欠如で贅沢さと洗練さを失うことがあるからです。ただし、
部屋のデザインに金色の壁紙を入力する場合は、次の規則に従ってください。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

壁紙の金色は、部屋を仕上げるほぼすべてのスタイルで使用されますが、次の3つの点に注意する価値があります。

  • 飾り;
  • 陰影;
  • 構造。
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

壁紙の絵は、適切なスタイルの装飾を選ぶことが非常に重要です。たとえば、モノグラムや豪華なディテールは、現代的なスタイルの部屋で失われて見えるだけでなく、インテリアアイテムが豊富な部屋でシンプルなモノクロの壁紙が失われて見えます。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

金の色はあまり重要ではありません。どんな大きさの寝室でも、部屋の中で一流のものなら、豊かな色のあまりにも明るい色合いが悪く見えます。たとえば、明るいゴールドの壁紙は明るく見えますが、穏やかな砂の色合いはベッドルームに明るさ、明るさ、富を与えます。しかし、明るさの中の金は、それと結合した色のいずれかで副次的役割を果たす。例えば、飾りの豪華な黄金の要素は、ライトクリームとダークチョコレートの壁紙の両方で好意的に見えます。

1

壁紙の構造は、黄金のベッドルームの内部に重要な場所を持っています。ブリリアントは見た目を嫌うだけですが、艶消しの壁紙はゴールデントーンのプレッシャーを和らげ、部屋の崇高な外観を作り出します。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

ゴールデンカーテン

適切な色合い、模様、素材を選択すると、金色のカーテンがどん​​なスタイルのベッドルームのインテリアにも完全にフィットします。

ゴールデンベッドルーム
ゴールデンベッドルーム

この部屋の雰囲気は特に調和していて、居心地が良く、広々としていなければならないので、「オイルオイル」が出ないように、この日陰の寝室でカーテンを選ぶことが重要です。明るい色の特に濃いカーテンでは、壁は寝室の住人に圧力をかけるように見えます。

ゴールデンベッドルーム

カーテンの色は、可能な限り有能にパレットに収まるように選択する必要があります。壁紙のメインシェードの色と同じカーテンのシェードを選択しないでください。カーテンなしの部屋ではほとんどないトーンを使用する方がよいでしょう。例えば、壁紙や家具の要素の色調に合わせると、主要な金色のカーテンが青色の寝室によく見えます。

ゴールデンベッドルーム

カーテンの装飾は、小さいものを選ぶべきですが、単色であるか、絵の小さな粒子(小さいものなど)で選んでください。だから、彼らはより高価、より豊かに見えます。

ゴールデンベッドルーム

物質は重要な役割を果たす。どんなスタイルでも、カーテンのために厚い布を選ぶべきですが、簡単なカーテンを無視する必要はありません。この装飾要素は、明度と優しさを追加します。

ゴールデンベッドルーム

ゴールデンベッドルーム - 快適で洗練された睡眠のための部屋を作りたい、良い味の自信を持った人々の選択。ゴールデンシェードは、理想的な結果を得るために定性的な方法で結合することが重要です。

1

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*

+ 62 = 65