大邸宅の門:シンプルで信頼できる建築(写真21枚)

メッシュネッティングはスチールワイヤーの特殊な機械で行われます。製造工程では、ワイヤらせんが互いにねじ込まれる。その結果、ダイヤモンド形状(鋭角60°)または正方形のセル形状のキャンバスが形成される。グリッドが単純な機械上に組み立てられている場合、ワイヤの端部は曲がらない。特殊な回転式ネットマシンを使用すると、各スパイラルの終端が曲がってしまい、製品の耐用年数が長くなります。

ラビネットからの自動ゲート

民家の民家からの門

ラビネットの種類

建設市場では、3種類のメッシュがあります:亜鉛メッキ、ポリマーコーティングあり、シンプル(追加のレイヤーなし)。

ラビネットの黒い門

通常のウサギは天候によって保護されていないので、亜鉛メッキされたシートまたはコーティングされたものだけが障壁を装飾するために使用されることは明らかである。

セルを作成する方法には、2種類のグリッドがあります。

  • ワイヤを曲げたり捻ったりすることによって形成される。
  • 溶接 - スポット溶接の方法が適用されます。

材料を選ぶときは、籐がより信頼できることを考慮する必要があります。製品の価格は、セルのサイズによって決定されます。小さいほど、キャンバスの価格は高くなります。

ポリマーメッシュ

ワイヤーはPVCの層で覆われており、ほとんどが緑色です。最近、プラスチックの色合いの異なるバージョンが出現した。材料は10メートルのロールで販売されています。高さは1.2-2mです。35~60mmのセルサイズの製品が提供されています。要素のより大きな側面を有する布を注文することが可能である。線材製造のためには、2.2~3mmの厚さのワイヤが使用される。

ポリマーコーティングを有するメッシュの利点:

  • 溶接継手がないとウェブの強度が増加する。
  • プラスチックの優れた接着特性は、温度および湿度の影響に対するワイヤの抵抗を確実にします。信頼性のあるコーティングは、紫外線の影響で燃え尽きることはなく、完全に35度までの霜にも耐えます。

短所:保護コーティングの損傷は、ワイヤの肯定的な品質を低下させます。

1

ポリマー層の破裂の場合、塗料で「裸の」領域をコーティングする必要があり、さもなければ水がスロットに入り、プラスチックの下の金属が素早く錆びる。 PVC層の品質は、視覚的に容易に決定することができる。このために、螺旋の内面を考慮すれば十分である。ポリマーにスクラッチ、切れ目がある場合は、低品質の保護層を意味します。 2〜3年後には、このようなカバーは冬には壊れ、夏には消えてしまいます。

国のスラブの門

メイドの装飾のフェンス

亜鉛メッキシート

このタイプのrabitsaは最も需要が多いです。その優れた性能のために、この材料は一時的なフェンシングエリアと安価なパーマネントフェンスとゲートを国内に作るのに適しています。

次の特性を持つ生成ウェブ:ワイヤ厚さが1.2〜6.5ミリメートルから使用される細胞は、10乃至100mmから側で放出され、ウェブは、1〜3メートルからの高さを有することができます。

石積みとプロファイルパイプ製のゲート

ラビネットからのスイングゲート

ラビネットのガーデンゲート

メッシュネットからのゲートとウィッケット

キャンバスの柔軟性にもかかわらず、グリッドはフェンス領域だけでなく、ゲート、ウィッケットの設計にも適しています。要素を組み立てる簡単な方法のために、あなた自身のものから完全に機能的な構造を構築して、サイトへの通過/通過を構成することが可能です。

メッシュファブリックからのゲートの利点:

  • インストールの速度、耐久性および信頼性;
  • 材料の低価格、それらの輸送の容易さ、および構造の自己集合の利用可能性;
  • 軽量で日光を遮らない。
  • 機械的損傷、温度および湿度の変化に対する耐性;
  • 長いサービス寿命、構造を解体することなくカットセクションを修復する能力;
  • メンテナンスの容易さ。

欠点としては、控えめな外観、外部から見るためのサイトの利用可能性、構造全体の定期的な着色の必要性が挙げられる。

ラビネットからの木製の門

ウィケットゲート

グリッドは、揺れ動くものの単純なゲートの装飾に適しているだけでなく、滑り構造や滑り構造ではかなり有機的に見えるという点でも優れています。したがって、スペースの不足は構造の勃起の障害とはみなされません。

建物のゲートとゲートが確実に長期間持続するようにするには、高品質の材料を使用し、正確な計算と測定を行う必要があります。

次のコンポーネントの構築が必要です。

  • メッシュネット。好ましくは、電池の側面を有する亜鉛メッキシートは50mmである。ロールの高さを選択するときは、ゲートパラメータから反発する。デザインは外からの視界からサイトを閉じることを目的としていないので、約1〜1.5mの高さのキャンバスが適しています。ゲートの最適な幅は3〜3.5mです。
  • サポートとフレームのためのパイプ。金属製品は、ユニバーサル材料(プリコートおよび塗装)とみなすことができます。木は、湿度や温度の変化に耐性がないため、サポートとしてはほとんど使用されません。レンガは高価で時間がかかる(基礎は常にレイアウトされている)。
  • テンションワイヤ。 2mm以上の適切な亜鉛メッキ線の厚さ。

グリッドはゲートに帆を与えないので、補強されたフレームは必要ありません。しかし、キャンバスの柔らかさと時間の経過に伴う垂れ下がりの可能性を考慮する必要がありますので、クロスビーム(対角線とロックの位置)を追加することをお勧めします。

ラビネットからの鍛造ゲート

ラビネットのメタルゲート

仕事の段階

ウサギのスイングゲートにはシンプルなデバイスがあり、日中に設置することができます。スキームの予備的図面とグリッドからのゲートの描画が行われます。

  1. パイプから、対応する寸法の構成要素が切断されます。
  2. 金属部品は研削され、切断部は注意深く機械加工される。
  3. ブランクは図面に従って溶接される。骨格が正しい形状を有するためには、まずスポット溶接を行うことが推奨される。すべての要素と角度を測定した後、連続溶接シームを作ることができます。溶接箇所は研削される。
  4. ヒンジとロック装置はフレームに溶接されています。ウィッケットでは、簡単なボルトを取り付けることができます。これで十分です。エレメントの溶着を防止するために、最初にネジで固定する必要があります。製品全体が防錆組成物でコーティング(下塗り)され、染色される。
  5. ラビの正しい部分を準備する。ウェブの寸法は、フレームの内部パラメータに対応する必要があります。グリッドのセクションを区切るには、適切な場所で1本のワイヤーを外すだけです。
  6. 設計ファブリックを取り付けるために、二つの方法を使用することができる:フレームに溶接されたグリッドフックを、修正、または仕掛けを使用します。後者の実施形態のアプリケーションでは、金網のセルを通って延び、ゲート(フレームの下部、上部及び対角線クロスビーム)に溶接することが必要です。追加要素は、単にテンションワイヤーは、キャンバスの中央に描画されていない場合。
  7. ピラーを取り付けます。メッシュネットのゲートが安定していることを保証するために、サポートは1mの深さまで掘り下げられます。最良の選択肢は、ゲートの高さの半分です。ピラーはさまざまな方法で固定されています。それらは単純に屠殺され(硬い地面に)、または地面にコンクリートで(ゆるい土壌)されます。
  8. 作られたゲートの葉は支柱に吊されています。

長寿命を確保するために、地面と小葉の下部との間の距離は少なくとも10cmでなければなりません。

メッシュネットからゲートを組み立てて取り付けるには、上記の手順を繰り返します。

亜鉛メッキ鋼製のゲート

ラビネットのフェンス

ラビネットからのスライディングゲート

ウサギからの門の設置に関する勧告

メッシュ織物は、しっかりと伸びているだけでなく、たて糸もなく伸ばされている必要があります。

ポールの取り付けを行う前に、それらが確実に垂直の位置にあることを確認することが重要です。さもなければ、構造全体が動作中に急速に歪んでしまう。

サイトが道路の近くにある場合は、車の動きを妨げないように、道路、ゲートおよびゲートウィングを内側に開いておく必要があります。

ダッハの邸宅の門を一時的に設置する場合は、その構造物を解体した後、様々な目的のためにキャンバスを使用できることに留意しなければならない。

ウィッカーラビッツ

リフティングゲート

メッシュネットを描く

マウンドからゲートとフェンスを取り付けるときは、異なるサイズのセルを持つグリッドを使用できます。

ゲートを正しく取り付けることで構造物の寿命が長くなります。あなたがファンタジーを見せたら、グリッド上で、ゲートに個性とユニークさを与える興味深いパターンや装飾を織り込むことができます。

メッシュネットからのゲート

石積みとパイプで作られたゲート

ラビネットからのフェンス

1

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*

14 + = 16